不安大きい賃貸探し☆頼ってもいい不動産業者ってどんな?

部屋探しはいつから始めればいい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転勤や転職、または進学などの場合、大急ぎで賃貸物件を見つけて、入居の準備を進めなくてはならないというケースもあるでしょう。
しかし、もしも引っ越しのタイミングを自分自身で決められるとしたら、いつ部屋探しを始めるのが一番良いのでしょうか。
また、引っ越さなくてはならないリミットはあるものの、そのリミットまでにはまだずいぶんとゆとりがあるといったケースも多いと思います。
そんなときには、ぜひ引っ越しや部屋探しのタイミングをじっくり検討してみてほしいのです。
なぜなら、賃貸情報には充実している時期とそうでない時期があります。
また、引っ越しの料金なども、繁忙期を選んでしまうと高くなるなど、時期をきちんと選ばなくては、損をしてしまうこともあります。
そこで、ここでは部屋探しをするのに最適な時期について、解説していきたいと思います。
まず、どの時期が部屋探しに適しているのかという点ですが、これはつまり、たくさんの物件が賃貸情報誌や不動産情報サイトに掲載されている時期ということになります。
空き屋が多く出る時期です。
「ずばり、この時期がおすすめです」と言い切れれば良いのですが、実はそう簡単にはいきません。
どういったタイプの物件を探すのかによって、その最適な時期が異なっているからです。
例えば、学生に好まれるようなワンルームタイプの賃貸マンションを探すという場合には、やはり3月に部屋探しの時期を絞るのが良いでしょう。
3月は卒業シーズンですので、4月からの新生活に備えて、別の物件に移る人が大勢います。
そのため、3月中に部屋探しを行えば、一番物件数が豊富な状態になっているのです。
もう少しゆとりを持って、2月頃からスタートしても良いでしょう。
一方、もしもファミリータイプの賃貸マンションや賃貸アパート、または賃貸の一戸建て住宅を探すという場合には、ワンルームタイプと同様に3月もたくさんの物件が登場します。
しかし、3月には同時に大勢の人が物件探しを始めることになりますので、それを避けるためにも9月から10月ごろの部屋探しがおすすめです。
この時期には、多くの企業が人事異動を発表します。
そのため、転勤が決まったファミリーが、9月から10月にかけて現在の住まいを解約する手続きを始めるのです。
ただし、こういった部屋探しに最適な時期というのは、不動産業者にとっては最も忙しい時期でもあります。
そのため、丁寧な対応をしてもらえないなど、デメリットもあるでしょう。
物件数の多さを取るのか、それとも不動産業者が暇になっている時期を狙うのか、それについても検討しておいた方が良いかもしれません。

Copyright (C)2017不安大きい賃貸探し☆頼ってもいい不動産業者ってどんな?.All rights reserved.